無料でG Suiteのメールアドレスを増やす方法



G Suiteでは、通常は1人のユーザーに対して、1つのメールアドレスが作成されます。

ですので、たとえば新しく社員が入社して新しいメールアドレスが必要となった場合、G Suiteユーザーを追加する必要があり、1ユーザー分の費用が発生します。

それでは、info@example.comのような会社の代表のメールアドレスや、support@example.comといった、お問い合わせ用のメールアドレスについても、お金を払ってメールアドレスを追加する必要があるのでしょうか?

実は、G Suiteでは、いくつかの方法で、無料でメールアドレスを増やすことができます。

では早速みていきましょう。

メールアドレスのエイリアスを利用する

一番お手軽な方法は、メールアドレスのエイリアス機能を利用します。設定は不要ですぐに利用することができます。

たとえば、suzuki@dontokoiapps.com というメールアドレスであれば、

suzuki+任意の文字列@dontokoiapps.com

というアドレスが作れます。

例:suzuki+twitter@dontokoiapps.com

これは@gmail.comアドレスでも同様の事ができます。

エイリアス機能というのは、そのユーザーのもう一つのアドレスという意味で、エイリアスに送られたメールは、すべてそのユーザーのメインアドレスに届く仕組みです

サブアドレスとして利用することができますね。

G Suiteのエイリアス機能を利用する

こちらも同じエイリアス機能ですが、上の方法は「ユーザー名+任意の文字列」というルールでしたが、こちらは、完全に任意の文字列のメールアドレスが作れます

こちらはG Suiteの管理画面で設定が必要です。G Suiteの管理画面にログインしましょう。

ユーザーを選択します。


次に、エイリアスを作成するユーザーを選択します。


アカウントを選択します。


エイリアスを追加のリンクをクリックし、作成したいアドレスを入力します。


これでエイリアスが作成されました!


こちらの方法は、任意のユーザー名が利用できますが、当然すでに存在するアドレスは利用できません。また設定には、管理者権限が必要ですので、ユーザーが各自で追加することはできません。

グループを利用する

G Suiteにはグループという機能があります。

部署ごとプロジェクトごとでグループを作成し、複数のユーザーを参加させることができます。

グループには任意のメールアドレスを1つ作ることができ、このメールアドレスに送られたメールは、グループに参加しているユーザーに転送されますので、メーリングリストとして利用する事ができます

では、グループを作成してみましょう。

グループ設定は、その他の設定にあります。


グループを作成をクリックします。


グループの名前とメールアドレスを入力します。アクセスレベルは説明を読んで適切なものを指定してください。


グループが作成されました!続いてこのグループにユーザーを追加しましょう。

ユーザーの管理をクリックします。


グループに参加するユーザーのメールアドレスを入力します。グループのオーナーであれば、オーナーとして追加しましょう。


これで、グループの設定は完了ですが、このままでは、グループのメールアドレスはこの組織(ドメイン)内からしか受信できません。

たとえば、ホームページのお問い合わせ用などでグループのメールアドレスを掲載して、第三者からのメールを受信可能とさせるには、もうすこし設定が必要です。

アクセス設定をクリックします。


基本的な権限を選択し、投稿の欄を「一般公開」も選択します。

最後に保存ボタンをお忘れなく!


これで、このグループのメールアドレスに外部の人からのメールも受け取れるようになりました。権限を与えたのは投稿(メールアドレスによる投稿)についてだけなので、外部の人がこのグループにアクセスすることはできません。

まとめ


以上、無料でメールアドレスを増やす方法を3つご紹介しました。

実際にユーザーが増えた場合はアカウントを購入する必要はありますが、部署のアドレスや、お問い合わせ用途のメールアドレスなどでは、今回紹介した方法でいくつでも増やすことができます。

G Suiteお試しはこちらから!

14日間無料でフル機能お試しいただけます。
G Suiteお試しへ
※Googleのサイトへ接続します。

G Suiteが20%OFF!

G Suiteの最初の1年間の利用料が【20%割引】となるクーポンコードを無料進呈中です!
G Suiteクーポンを入手

Share on Google Plus