Google Workspace導入方法

新しいGoogleサイトで独自ドメインを使う方法(SSLも無料でついてくるヨ!)

新しいGoogleサイトで独自ドメインを使う方法(SSLも無料でついてくるヨ!)

去年の秋に公開された「新しいGoogleサイト」は、新しいテーマの追加や、スマホ対応、ユーザーインターフェースの改善と、以前のGoogleサイトから大幅にバージョンアップされました。

ただ、以前のGoogleサイトでは利用できていた「独自ドメイン」が利用できず、せっかくバージョンアップしたのに、あまり魅力を感じていなかった人も多いかと思います。

ところが、先日のGoogle Workspace公式ブログで、新しGoogleサイトで独自ドメインが使えるようになったと発表がありました!

早速使ってみたところ、たしかに新しいGoogleサイトで独自ドメインを使う事ができました。しかも嬉しいオマケつきで!

今回はその新しいGoogleサイトで独自ドメインを使用する方法をご紹介したいと思います。

まずはGoogleサイトを作ろう

なにはともあれ、Googleサイトを作ります。新しいGoogleサイトは、Googleドキュメントのように、Webブラウザ上で簡単に作成することができます。 

Googleドライブにアクセスし、新規ボタンからGoogleサイトを選択します。

Googleサイトの使い方は非常に簡単です。ページに直接テキストや画像を好きな場所に埋め込み、ページを完成させます。

今回は私の個人ページを作成してみました。

作ったGoogleサイトと独自ドメインをつなげよう

Googleサイトを作ると、通常は「https://sites.google.com/misolabo.net/www」というようなGoogleドメインの長いアドレスで公開されます。
 
サイトのトップページとしては、あまりふさわしくありませんね。
 
今回の新しいGoogleサイトで対応されたのは、このアドレスと自分の独自ドメインをつなげる「マッピング」というしくみです。
 
それでは、このしくみを使って、独自ドメインでサイトにアクセスできるようにしてみましょう。
 
いったん、Googleサイトの編集画面を閉じて、Google Workspaceの管理コンソールへとアクセスします。
 
アプリを選択します。
 
 
つづいて、G suiteを選択します。
 
 

サイト を選択します。

ウェブアドレスのマッピング を選択します。

ここで、作成したGoogleサイトとドメインのひもづけ(マッピング)が管理されています。新しくマッピングを作る場合は「新しいウェブアドレスを追加」を押します。

さて、ここからが少しわかりにくい画面です。

まず、バージョンは「新しいGoogleサイト」を選択します。

次に、画像の①は、先ほど作成したGoogleサイトの「サイトの場所」です。 Googleサイトの公開アドレスが、https://sites.google.com/misolabo.net/www であれば、「www」の部分が「サイトの場所」になります。

そして、画像の②である、ウェブアドレスには、アクセスさせたいドメイン(サブドメイン)となります。右のドメインのプルダウンはGoogle Workspaceに登録されているドメインしか選択できませんので、ここにないドメインでアクセスさせたい場合は、事前にGoogle Workspaceにそのドメインを追加する必要があります。

今回は、https://www.misolabo.net/ でアクセスさせたいので、「www」を入力しました。

①と②はそれぞれで違っていても構いませんが、私はマッピングが解りやすいように同じものを指定しています。

 
入力したら、「マッピングを追加」を押します。
 
なにやら難しそうなメッセージが表示されました。

これは、マッピングしようとするドメインにアクセスしたら、Googleサイトのサーバーに接続するために、ドメインのDNS設定を変更してください。というメッセージです。

この設定は、お名前.comやバリュードメイン、ムームードメイン、エックスサーバーなど、お持ちのドメインの業者の管理サイトなどで設定できます。

ドメインのDNS設定が終わったら、「指定されて手順を完了しました」というボタンを押してマッピング設定は完了です。

それでは、もう一度Googleサイトを開いてみましょう。

画面右上の「公開」の右の、「三角のボタン」を選択して、「公開設定」を押します。

公開設定画面が表示されます。

サイトの場所が、先ほどのマッピング設定の「①」と同じであることを確認してください。

DNS設定やマッピングの設定は少し時間がかかるようです。1時間ほどするとマッピングしたURL「https://www.misolabo.net」でアクセスすることができました。

 

SSLが有効になっている!!しかも無料で

独自ドメインでマッピングした新しいGoogleサイトでは、なんと最初からでSSL接続できるようになっています(https://から始まるアドレスでアクセスできる)

SSL接続とは、サイトとブラウザ間のデータのやりとりを暗号化して通信する方式です。最近はGoogleも推奨していることもあり、今やWebサイトは、SSL接続できることが当たり前。とも言われています。

そして、なにが凄いかというと、お金も払っていないのに何もせずにSSL接続できるようなっているという事です。

通常、SSL接続するためには、そのドメイン専用のSSL証明書というものを購入する必要があります。金額は様々ですが、年間千円〜数万円のもの費用がかかります。

ところが、このGoogleサイトにマッピングしたドメインは、最初からSSL証明書を持っているようなのです。

気になったので証明書を見てみると「Let’s Encrypt Authority X3」が発行元になっていました。

Let’s Encryptとは、サイト通信の暗号化普及を目的とした、無料で取得できるSSL証明書です。私もWeb開発などでよく利用しています。

対応ブラウザは、Let’s Encryptのサイト にもあるとおり、最近のブラウザにはほとんど対応しているので、通常利用では問題ないと思います。古いガラケーとかだと恐らくアクセス出来ないとは思いますが・・・(^_^;)

Googleが、自社サービスにLet’s Encryptを利用しているのは驚きましたが、それだけWebサイトを暗号化する事についてGoogleは重要視しているという事かもしれません。

まとめ

独自ドメインが利用できるようになった事で、新しいGoogleサイトの魅力がぐっと上りました。
 
デザインはあまり凝ることはできませんが、シンプルなデザインでいいのでスマホ対応したサイトをサクッと作りたい。というニーズに対応できそうです。
 
また、無料でSSLに対応している事も嬉しいポイントです。
 
新しいGoogleサイトは、無料のGmailアカウントでも利用できますが、この独自ドメインマッピング機能は、Google Workspaceでしか利用できません 

※2018年11月現在は、無料のGmailアカウントでも独自ドメインが利用できます。

 
新しいサイトを構築予定の方は、一度利用してみてはどうでしょうか。