【G Suite導入方法 その3】G Suiteに申し込もう(2018年版)




※2018年1月16日、最新の情報に更新しました。

さて、前回の記事でドメインを取得することができましたので、いよいよG Suiteの申し込みをしてみたいと思います。

G Suiteを申し込むには、以下の2つの方法があります。

  • Googleに直接申し込む
  • G Suite正規販売代理店から申し込む

どちらも機能的には違いはありませんが、代理店から申し込んだ場合は、代理店が提供している拡張機能が利用できたり、代理店からのサポートが受けられる場合があります。利用金額も代理店によって様々です。

追加機能の相談や、対面でのサポートがほしい方は、代理店を利用したほうが良いかもしれません。

もちろん、Googleに直接申込んでもGoogleから年中無休でサポートが受けられますので、直接申し込んでも問題ありません。このサイトでは、直接申し込む方法で解説したいと思います。

G Suiteお申込み方法

さて、いよいよG Suiteの申し込みへと進みましょう。こちらのリンクから登録ページへ進んでください。(※画像はクリックで拡大します)



「無料で試してみる」ボタンをクリックします。


「次へ」ボタンをクリックします。


会社名(組織の名前)と従業員の数を入力して「次へ」


組織の国を選択して「次へ」


現在お持ちのメールアドレス(@gmail.comなど)を入力して「次へ」


利用するドメインを既に持っているかどうかを選択します。前回の記事ですでに独自ドメインを取得済みですので「使用できるドメインがある」を選択します。


利用するドメイン名を入力して「次へ」


もし、このようなエラーメッセージが表示される場合、ドメイン名の入力が間違っているか、そのドメインが誰にも取得されていない状態です。

取得済みの場合は、ドメイン業者の管理画面でドメインの状態を確認しましょう。また、ドメイン取得直後の場合は、このエラーが出るかも知れません。


利用するドメインが間違っていないことを確認して「次へ」


利用者(管理者)の名前を入力して「次へ」


メールアドレスとなるユーザー名とパスワードを入力して「次へ」※今後、このメールアドレスとパスワードでG Suiteにログインすることになりますので、忘れないようにしましょう。


Googleからのお知らせ受け取るかどうかを選択します。


ロボットでないことを...をチェック、G Suite 規約に同意の上「同意してアカウントを作成」をクリックします。


お疲れ様でした!

以上でG Suiteの申し込みは完了です。次の記事では、G Suiteの設定について解説していきます。






G Suiteお試しはこちらから!

14日間無料でフル機能お試しいただけます。
G Suiteお試しへ
※Googleのサイトへ接続します。

G Suiteが20%OFF!

G Suiteの最初の1年間の利用料が【20%割引】となるクーポンコードを無料進呈中です!
G Suiteクーポンを入手

Share on Google Plus