Google Workspaceとは

【2021年最新版】Google Workspaceの利用料金まとめ

【2021年最新版】Google Workspaceの利用料金まとめ

※2021年2月3日時点の情報です。

Google Workspaceはとてもシンプルな料金体系となっています。

本記事では、各プランごとの価格・機能の違いについて解説していきますので、あなたにあったプランを確認しましょう。

「何に対して料金がかかるの?」という疑問をお持ちの方は、こちらの記事も合わせて読んでみてください。
Google Workspaceの料金のしくみを徹底解説!
それではどうぞ!

Google Workspace料金まとめ

Google Workspaceは以下のとおり4つのプランがあります。それぞれの価格と違いをまとめてみました。

  Business
Starter
Business
Standard
Business
Plus
Enterprise
月額料金
1アカウントあたり
680円 1,360円 2,040円 お問い合わせ
Google Workspace基本機能
Googleによる
サポート
容量 30GB 2TB 5TB 必要に応じて拡張可能
Meet(ビデオ会議)参加人数 100人まで 150人まで 250人まで 250人まで
Vault
(監査機能)
× ×
さらに強力な
セキュリティと管理機能
× × ×

(すべて税抜価格です)

Google Workspaceには、「Business Starter」「Business Standard」「Business Plus」「Enterprise」の4つのプランがあり、それぞれ利用できる機能が異なります。

本サイトで紹介しているような、メールやカレンダー、ドライブ、ドキュメントといった基本的な機能は、すべてのプランで利用できるため、殆どのケースで「Business Starter」または「Business Standard」プランで問題ないかと思います。

Business Plus以上のプランについて

さて、約2倍以上の料金がかかる、Business Plus、Enterpriseプランとはどのようなものなのでしょうか。

Starterとの大きな違いとしては、Google Driveの容量が5TB以上となり、Vault機能が利用できます。

Vault機能とは、ユーザーのメールやチャット、ドキュメントの記録を保持・検索できる機能です。ユーザーが削除した情報も検索できるため、企業のコンプライアンス監査などに役立ちます。

ただ、各プランの契約は全アカウントが対象となります。つまり、一部のアカウントだけこのプランを適用することができません。

そのため、このプランを利用するケースは、「全ユーザーが大量のデータを取り扱い、かつ、企業コンプライアンスが高い組織」ということになるので限定的かもしれません。

また、Google Driveの追加容量やVaultオプションは、アカウント単位でライセンスを購入することもできます。私の会社では、一部のアカウントだけにGoogle Driveの容量やVault機能を追加しています。

年間契約は選択不可に

2019年4月より、年間プランは選択できなくなりました。年間プランを利用するには、年間プランに対応しているGoogle Workspace代理店と契約する必要があります。なお、代理店が割引を行っていない限り、月契約も年間プランも同じ金額です。

まとめ – Google Workspaceは高い?

今回は、Google Workspace のプランと料金についてまとめてみました。

金額については正直、メールとサイトスペースだけであれば、もっと安価なレンタルサーバーはたくさんあります。

しかし、Google Workspaceのセキュリティの高さやメールのスパム判定能力、またオフィス系のドキュメントや、テレビ会議システムなどなど、魅力的な機能が利用できることを考えると、決して高くはない金額だと私は感じています。

クーポンを入手しよう

このサイトでは、最初の1年間の利用料金が割引となるクーポンを無料で提供しています。ご希望の方は、下記のページよりクーポンを入手してください。

クーポンコードの利用方法は、こちらの記事を参考にしてください。