Google Workspace導入方法

FC2ドメインでGoogle Workspaceを利用する方法

FC2ドメインでGoogle Workspaceを利用する方法

こんにちは。今回は、FC2ドメインでGoogle Workspaceを利用する方法についてご紹介します。

維持費用が格安ということで、FC2ドメインを利用されている方も多いのではないでしょうか。

なお、お名前.com、ムームードメイン、バリュードメイン(導入方法その4に記載)、Xserverドメイン(旧エックスドメイン)での利用については、こちらの記事をご覧ください。

お名前.comでGoogle Workspaceを利用する方法
お名前.comでGoogle Workspaceを利用する方法「お名前.com」は、国内で一番人気のドメイン事業者です。価格も安く、周辺サービスやサポート体制も充実しており、利用されている人も多いと...
ムームードメインでGoogle Workspaceを利用する方法
ムームードメインでGoogle Workspaceを利用する方法ムームードメインは、初心者に人気のドメイン業者です。 かわいいイラストや明るい配色で、とても親しみやすいサイトデザインになっており、利...
【Google Workspace導入方法 その4】Google Workspaceの設定をしよう
【Google Workspace導入方法 その4】Google Workspaceの設定をしよう前回の記事で、Google Workspaceの申し込みが完了しました。 続いては、Google Workspaceが利用できるよう、...
XserverドメインでGoogle Workspaceを利用する方法
Xserverドメイン(旧エックスドメイン)でGoogle Workspaceを利用する方法 こんにちは。今回は、Xserverドメイン(旧エックスドメイン)で、Google Workspaceを利用する方法についてご紹介します...

すでにFC2ドメインでドメインを取得済みであることが前提です。ドメインを持っていない方は先に取得しておきましょう。

それではどうぞ。

設定の流れのおさらい

いつものように、Google Workspace登録後の設定の流れのおさらいをしておきましょう。まだGoogle Workspaceに登録していない方は、こちらのリンクより登録してください。

→ Google Workspace登録へ(無料お試し付き)

本記事では、ドメインのDNS設定に関わる「ドメイン所有権の証明」と「メールのDNS設定」について解説します。

【ご注意】すでにFC2ショッピングカートやFC2レンタルサーバーをFC2ドメインで利用されている場合

すでに、FC2ショッピングカートやFC2レンタルサーバーをFC2ドメインで利用中していて、次項で解説する「DNS設定」が「FC2サービスで利用」となっている場合、DNSレコード設定はFC2側の管理下に置かれているので、Google Workspace向けのDNSレコードの追加設定が行えません。

この場合、「DNS設定」を「代行DNS」とすることで、Google Workspace向けのDNSレコードを追加設定できるようになりますが、今度は逆にFC2サービス(ショッピングカートやレンタルサーバー)向けの高度なDNSレコード設定を自身で行う必要があります。

このケースについては様々なパターンが考えられるため、本記事では解説しません。該当の方はFC2へお問い合わせください。

FC2ショッピングカートや、FC2レンタルサーバーを利用されていない方は問題ありません。

このように、ドメインとレンタルサーバー等をセットで提供しているようなサービスでは、簡単に利用できる反面、自由な設定ができないケースがあります。

本サイトでは、ドメインを取得する際は、レンタルサーバー等とのセットではなく、ドメイン単体で契約されることをおすすめしています。

DNSレコード設定画面への行き方

FCIDにログインしている状態で、FC2ドメイントップ(https://domain.fc2.com/)へアクセスします。

FC2ドメイントップページの「管理画面へ」を選択します。

選択中ドメインの欄が対象のドメインになっていることを確認します。違う場合は「管理ドメインの切り替え」ボタンから切り替えておいてください。

事前に、左メニューの「DNSの設定」を選択し、DNSの種類が「代行DNS」になっていることを確認します。初めてFC2ドメインでドメインを登録した直後は「FC2サービスで利用」となっているため、「代行DNS」に変更しておきます。

すでにFC2サービス(FC2レンタルサーバー、FC2ショッピングカート)をFC2の独自ドメインで利用中の方は、FC2サービス向けのDNS設定がクリアされてしまうのでご注意ください。

「代行DNS」になっていれば、左メニューの「DNSレコードの設定」を選択することで、DNSレコードの設定画面に行くことができます。

ドメイン所有権の証明

それではドメイン所有権の証明を行いましょう。ドメイン所有権の証明に必要な「TXT値」と呼ばれる情報は、こちらの記事を参考にGoogle Workspaceの管理画面から取得し、コピーしておいてください。

最初で最後の難関!?初心者でもわかるGoogle Workspaceの「ドメイン所有権の証明」について徹底解説 こんにちは。今回はGoogle Workspaceに登録後最初に行う「ドメイン所有権の証明」について解説していきます。 この設定...

「TXT値」をコピーしたら、FC2のDNSレコード設定未入力の行に以下の情報を登録してください。

項目設定値
ホスト名@(※1)
レコードタイプTXT
IPアドレスGoogle Workspaceの管理画面でコピーした「TXT値」
優先度

※1)abc.example.comなどのサブドメインでGoogle Workspaceを登録した場合はホスト名(abc)を入力してください。

「送信」ボタンを押して設定完了です。

引き続き、Google Workspaceの管理画面でユーザーの追加を行ってください。

メールのDNS設定

それでは、メールのDNS設定を行っていきましょう。

DNSレコードの設定画面に行き、「ホスト名」「レコードタイプ」「IPアドレス」「優先度」の値を登録していきます。「ホスト名」は、通常未入力ですが、サブドメイン付きでGoogle Workspace登録した場合、サブドメイン(abc.example.comであればabc)を入力してください。

行が足りない場合は、一度送信ボタンを押すことで行が追加できるようになります。

登録する5つのレコードは以下のとおりです。

ホスト名レコードタイプIPアドレス優先度
@MXASPMX.L.GOOGLE.COM1
@MXALT1.ASPMX.L.GOOGLE.COM5
@MXALT2.ASPMX.L.GOOGLE.COM5
@MXALT3.ASPMX.L.GOOGLE.COM10
@MXALT4.ASPMX.L.GOOGLE.COM10

反映されるまで通常は数分から数時間かかります。

追加で、メールの到達率を上げるため「SPFレコード」も設定しておくことをおすすめします。設定方法はこちらの記事を御覧ください。

Google Workspaceのメールが届かない?メール到達率を上げるSPFレコードを設定しよう こんにちは。 今回は、Google Workspaceで忘れがちなメール設定である「SPFレコード設定」についてご紹介します。 ...

まとめ

以上、FC2ドメインでGoogle Workspaceを導入する場合の設定方法について解説しました。

Google Workspace無料お試しはこちら

14日間無料でフル機能お試しいただけます。
※Googleのサイトへ接続します。

割引クーポンはこちら

Google Workspaceの最初の1年間の利用料が割引となるクーポンコードを無料進呈中です!